20220113_061938914_iOS.heic

秋田県唯一日本施術協会認定

猫背を治したい、姿勢を良くしたい方へ

姿勢について、こんなお悩みはありませんか?




 

  • 立っている時に腰がつらくなってくる

  • ギックリ腰を繰り返す

  • 肩甲骨付近が重だるい

  • 背伸びすると身体中に違和感がある

  • 背中が固まっている感じ

  • よく寝違える

  • 身体が縮こまっている

  • 股関節に違和感がある

  • が痛い

  • 外反母趾がある

ダウンロード (9).jpg

また将来こんな不安はございませんか?

  • この腰の痛みって、いつ無くなるのだろうか?

  • 肩こりでイライラしたまま人生を送るのはイヤだ

  • このまま背中が丸まってしまうのでは・・・

  • この痛みのせいでスポーツとか旅行とかできなくなるのでは・・・

  • 子どもの面倒にはなりたくない

  • 将来歩けなくなるのでは?

images.jpg

 

日常生活の基本姿勢は、子どもの時に作られます。また勉強時、スマホ、PC作業、デスクワークにより、姿勢はどんどん丸まってきます。そうして悪い姿勢が作られていくのです

しかも猫背のような悪い姿勢が作られると、その姿勢のまま筋肉や骨に負担がかかり、固まっていきます。また猫背の姿勢が当たり前になるので、正しい姿勢が自分でもわからなくなるのです。そうやって「猫背が治らない状態」が作られていくのです。

 

今の痛み、「そのうち治るのでは?」と思っていませんか?ぶつけたり、切ったりしたものは、時期が来ればよくなってきます。しかし数ヶ月経ってもなかなか取れないもの、それは放っておいてよくなるものではございません

知らぬ間にその痛みは身体に定着していきます。正しく手を打たないと一生ものになりかねないのです。長年続いている「年代物」は、早く手を打たなければならないのです。

もう何年も痛みが取れていない人、その痛みは「年代物」です!

これは「悪い姿勢のままでいて、コリ固まっている」結果です

 

背すじを伸ばしていい姿勢を取ろうとしても、すぐ元の悪い姿勢に戻ってしまうのはお分かりだと思います。その理由は、身体が悪い姿勢の状態を「形状記憶」しているからです。この「形状記憶状態」をとっていく必要があります。

ちなみに「形状記憶」とは、ただ筋肉が猫背の状態で固まっていたり、骨格が猫背仕様だったりするだけではございません。猫背の姿勢を身体が「正しい姿勢」と記憶している可能性があるのです。

ご来院された方に、「いい姿勢はこの姿勢ですよ!」とその場で正すと、「えっ!これは変に立っている感じです!」という声をいただくことがほとんどです。これは悪い姿勢でずっといたために、その悪い姿勢を記憶しているのです。こういう「位置覚の誤作動」が生じているのです。

こういった点からも考えていく必要があるのです。

背すじだけ伸ばしても、猫背はなおりません

 

猫背対策はまず「骨盤を立てる」こと

曲がっている背中を伸ばそうとしても、いい姿勢を持続しづらいのは、「形状記憶」のせいだけではございません。土台となる部分がしっかりしていないと、すぐ丸くなってしまうのです。その背骨の土台にあたる部分、それが骨盤です。

つまり「骨盤が立った状態で安定している」これが猫背をなおす近道なのです。

 

 

 

その中で私たちが猫背矯正をお勧めしている理由があります。それは、私たちの猫背矯正は、「年代物」の固くなった筋肉を緩め、背骨の土台である骨盤を立て、正しい姿勢を作ることで、身体の負担を軽減できるからです。

私たちは根本的な解決を求める方に、猫背矯正をお勧めすることが多いのですが、その時にこんなことを言われることがあります。「私は猫背ではないと思うのですが…」

そのような方は以下のタイプ別チェック事項をごらんください。

solution-icon_01.png

猫背対策で大切なこと

なぎの木整骨院が猫背矯正をお勧めする理由

「私は猫背ではないのですが…」という方へ

 猫背のタイプ分類

 

  円背型(えんぱいがた)

                                        背中が丸まっている

                                      【こういう症状に注意

                                       肩こり、腰痛、背中の痛み、首の痛み、

             胃腸の不具合など

 

  前肩型(まえかたがた)

                                         

             肩が前に出ている

                                        【こういう症状に注意

                                         四十肩、野球肩、胸郭出口症候群など

 

  顔出し型(かおだしがた)

                                           顔が前方に突き出している

                                         【こういう症状に注意

                                           肩こり、寝違え、頚椎症、頭痛、

              ヘルニア、睡眠時無呼吸症候群など

 

 

  首無し型(くびなしがた)

                                           

             首が肩の中に埋没している

                                         【こういう症状に注意

                                            重度の肩こり、寝違え、頚椎症、頭痛、

                                                     ヘルニア、睡眠時無呼吸症候群など

enpaigata001senari-e1451206664401.jpg
maekatagata001senari-e1451206706510.jpg
kaodashigata001senari-e1451206744144.jpg
kubinashigata001senari-e1451206783797.jpg
24時間いつでも簡単.png

これは猫背のタイプの一例ですが、猫背でなくとも、こんな姿勢不良が潜んでいるものです。

  • 頭が傾いている

  • アゴが上がっている

  • 顔の形が左右で違う

  • 口が曲がっている

  • 首がゆがんでいる

  • 肩の高さが違う

  • 胸の大きさが左右で異なる

  • 背骨が極端に出っ張っていたりへこんでいたりしている

  • 骨盤が傾いている

  • 股関節の位置がおかしい

  • 内股、がに股である

  • O脚、X脚

  • 足首のゆがみ

  • 外反母趾

  • 扁平足

  • 浮き指

これは一例ですが、こういうものも原因となるのです。

私たちは、猫背矯正において、こういうあなたの症状の原因となりうるものを一つ一つ見つけて、それにおいて対応していきます。